I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T and Harley PanAmerica1250S]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  2024年04月

セカンドバイクはハーレー パンアメリカ1250S

ひょんなことから私のもとに1台のバイクがやってました。 ハーレーダビッドソンのアドベンチャーモデル、パンアメリカ1250Sです。 そのパンアメリカ1250Sを手放すから乗ってもらえないか?というオファーを、昔からの親友から今回頂きました。 友人にも色々事情もあって、友人が今後乗らないのであれば、私が引き取るよということで、今回は面倒を見ることにしました。

このサプライズオファーが無ければ、恐らくレブル1100Tの1台体制だったと思いますが、ハーレーのパンアメリカなんて、これを逃したら今後私が所有する機会も絶対に無いなと思ったので、ありがたく引き取る事にしました。 ハンターカブCT125が欲しいなと思っていたら、10倍の排気量になってしまいました(笑)。 

以前、ハーレーのパンアメリカは2021年に同じ黒い色のパンアメリカ1250スペシャルを一回だけ試乗したことがありました。 (ブログ記事をみたら、2021年9月でした)。 かなりレアなバイクで、パンアメリカの実車をツーリング先で見たこともありませんでしたが、まさか自分がパンアメリカを所有するとは思いもしませんでした。

そのハーレー パンアメリカ1250Sを、友人のところから2024年4月13日に引き取ってきました。 パンアメリカ1250スペシャルなので、アダプティブライドハイト機能搭載のサスペンションモデルです。 わかりやすく言うと、車高調整が自動でできる、コンピューター制御のショーワ製サスペンションを搭載しています。
pan-am_nousya001.jpg

走行距離は、何とたったの2800km! 某ディーラーで試乗車だった車両を友人が購入し、それが私のところに来ました。 車検証を見ると、確かに初年度登録が某正規ディーラーで登録していました。 因みに2021年モデルです。 初期型のパンアメリカですが、スターターギアにトラブルがあり、その為バッテリー上りを多発させる可能性があるという事を読んだのですが、こちらはディーラーで、対策品のスターターギアに交換してもらったそうです。 おまけで納車時にSHORAIバッテリーという、リチウムイオンバッテリーも譲り主から貰ってしまいました。

このいかついマスクが好みです。
pan-am_nousyaT001.jpg
アドベンチャーモデルで流行っているクチバシルックではありません。 このスラントノーズのマスクが、何者にも似せないデザインにしてやる!というハーレーの意気込みを感じます。

とりあえず、友人がパンアメリカを保管している埼玉から、実家の府中に持ってきました。 その日は午後3時ぐらいまでグルグル三多摩地区を走っていたのですが、やはり市街地走行のストップアンドゴーだけでは物足りなく、1ミリも楽しくないです。 やはりアドベンチャーモデルはツーリングに行ってなんぼですね。

ビックリしたのが、このパンアメリカのサスペンションです。 市街地走行だけでしたが、乗り心地もよく、凄く気持ちよくストロークするサスペンションで、突き上げも皆無です。 このサスペンションですが、数キロ走っただけで、とんでもなく上質な乗り心地なのを感じましたね。

車体ですが、この超大柄な車格と260キロの車重にも関わらず、腰高なので、走り出したらかなり軽快に走ります。 恐らくですが、新世代水冷エンジンのRevolution Max1250エンジンを含めたパッケージが、かなりマスの集中化されている感じですね。 ギュッとセンターに詰まったエンジンとフレームで、操舵性も凄く軽やかで足も良いバイクです。 程よくしなやかで腰のあるサスペンション+マスの集中化されているエンジンとボディが、大柄ですが軽快な操舵性を生み出しているのでは?と思いました。 しかし、これほど良質なサスペンションのバイクに乗ったのは初めてで、私はいたく感動しました。
pan-am_nousya002.jpg

納車する前に結構パンアメリカに関するYoutubeを見ていたのですが、誰もこのサスペンションに関しては何も言っていなかったなぁ。 同じようなビッグアドベンチャーモデルで別メーカーの、BMW R1250GSとか、ドゥカティのムルティストラーダ、ホンダのアフリカツインなんかも乗ってみたいなぁと思いましたね。 

最後にエンジンです。 ハーレーの新世代水冷エンジン、Revolution Max1250ですが、スポーツモードではかなりパワフルです。 調べてみたら、Revolution Max1250はボア×ストロークは105×72mmの1252ccで、何と152馬力のエンジンです。 友人は低速トルクが無いと言っていましたが、そんなにトルクが細いとは思わなかったなぁ。 慣れないバイクだったので、ほとんど電子制御はロードモードで走っていたのですが、スポーツモードにするとかなり速いな!という印象です。 4000回転以上で本気を出すような、かなり上に回りたがるようなエンジンですね。 でも、4000回転以下で走っていても、それほど私は不都合は感じませんでした。

ただし、4月13日は春先のかなり暖かい日で、恐らく外気温25度程度だったと思うのですが、それでもエンジンがメチャ熱い! レブル1100の1.3倍位の熱を感じました。 やはり60度の水冷Vツインで可変バルブ機構も付いている152馬力のハイチューンエンジンなので、かなりの熱ですね。 真夏は…乗りたくないなぁ(笑)。

納車日は、50キロ程度埼玉から三多摩地区をウロウロしただけなので、早く山梨に持って帰ってきて、ホームコースの299麦草峠やビーナスラインを走ってみたいです。 本格的なインプレッションは、1000キロ程度は乗り込んでから改めて書いてみたいと思います。

何と、ホンダ レブル1100Tとハーレー パンアメリカ1250Sという、大型バイクの2台体制になるとは思いもしませんでした。 これからハーレーのようなホンダと、ハーレーに見えないハーレーの2台をトコトン楽しみたいと思います。

[ 2024年04月16日 17:00 ] カテゴリ:ハーレー PanAmerica1250S | TB(0) | CM(0)

インド HeroMotorsports ダカール・ラリー2024 PV

ダカールラリー2024では、ライダーのロス・ブランチが2位となり、まさに大躍進をとげたインドのバイクメーカーHeroのダカール・ラリーPVです。

インドではバイクのNo1メーカーのHeroですが、何年か前からダカールラリーに出走しているのは知っていましたが、今回のダカールラリー2024では、最後までホンダとガチンコ勝負を挑んできました。 マシンもかなり熟成されているようです。 中国のKoveもダカールラリーには参加していますし、ホンダやKTMと共に、ダカールラリーを盛り上げるメーカーの一つになっていますね。 

[ 2024年04月14日 17:00 ] カテゴリ:動画 OFF系 | TB(0) | CM(0)

エンジンガードとナイロンスライダーの違いについて

こちらの動画は二宮祥平ホワイトベースさんの動画でエンジンガードとナイロンスライダーの違いについて語っている動画です。 タイトルが「これはエンジンガードじゃない→エンジンが壊れます「ナイロンスライダー」というレース用品で転倒車のコースアウトが目的」です。

私もエンジンガードとナイロンでできているナイロンスライダーの役目の違いはよく分かってなかったのですが、この動画を見たらクリアに分かりました。 おぼろげながら、エンジンガードもスライダーも、エンジンを立ちゴケから守ってくれるような防御系のアイテムかなと思っていたのですが、スライダーと言うだけあって、転倒時に車体をコース外まで滑らせるのが目的なのですね。

もちろんちょっとした立ちゴケ程度であれば防御力もありそうですが、走りながら転倒した場合、スライダーのマウント部分に相当の負荷が掛かることは、構造上から予想できます。 車体やエンジンを転倒時に防御するのであれば、スライダーではなくエンジンガードを付けるのが正解なんですね。 だからジムカーナ競技ではスライダー装着車はいないんだ!と、分かった次第です。

[ 2024年04月12日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

Moto Americaの公式レース King of Baggers

こちらの動画ですが、アメリカのレース団体Moto America(旧AMA)で行われているレースシリーズの「King of Baggers」(キングオブバガーズ)の動画です。

こちらのレースの出走車両ですが、ハーレーダビッドソンとインディアンの2メーカーのみです。 キングオブバガーズの「バガーズ」ですが、サイドバッグ(パニア)を指しています。 だから出走車の全車両に左右パニアが付いているんですよね。 といっても、中にお弁当が入っているわけではなさそうですが(笑)。 それにしても、重量級のハーレーやインディアンでのレースが大迫力です。 正にアメリカならではのレースです。

私のレブル1100Tも、外装の雰囲気をこのキングオブバガーズ風味にしてみたいという事を考えているんですよね。 勿論ホンダはこのシリーズには参戦していないのは分かってるんですが、こういうレーシーな雰囲気に愛車のレブル1100Tを持っていきたいなという思いはあります。

あくまでも「こういう雰囲気に」ですけど。
KOB_Indian01.jpg

やっぱりカッコいいぞ。
KOB_HD01.jpg

あまりやりすぎても子供っぽくなってしまうので、ちょいと抑えめにレーシーな雰囲気を出したいんですよね。 その匙加減が難しい所です。
Wrapping_Rebel012.jpg
ゼッケン、メーカーのステッカー、ストライプ辺りを追加するとそれっぽくはなりそうです。 

車両ベースが黒なので、往年のロータスのJPSカラーで、スポンサーロゴも全て金色みたいな感じも良いかも知れません。 (写真はアイルトン・セナ)
Senna_JPS_Lotus.jpg
でも、これをやるのならせっかく貼ったホワイトのレーシングストライプを剥がして、金の細いストライプに張替えかぁ…(面倒くさぁ~)。

まぁやるかやらないかは分からないですが、妄想は楽しいということで…(笑)。

[ 2024年04月10日 17:00 ] カテゴリ:動画 レース系 | TB(0) | CM(0)

ショウエイ(SHOEI)ヘルメット工場見学動画

これは面白かったです。 日本が誇るヘルメットメーカーの一つで、皆さんご存知のショウエイの岩手工場の中を見学している動画になります。 私も現在J-Force4を愛用しているので、かなり興味深い動画でした。

まずはグラフィックモデルのパターン転写ですが、プラモデルと同じような水転写デカールなんですね。 スキージがモザイクでしたが、おそらくスキージの材質や形状が企業秘密なんでしょうね。 作業をやりやすくするため、改良に改良を重ねた結果なので、そこは見る人が見ればすぐにヒントになってしまいますから、モザイクになるのも当然だと思います。

後はとにかく工数が掛かってますね。 一つのヘルメットに対し、特にグラフィックモデルは工数が多いです。 後は検査工数も半端ない工数です。 今や日本のショウエイやアライヘルメットは高級品になってしまい、おいそれとは買い替えられなくなった価格になってしまいましたが、それでもこれだけ丁寧に作られているということであれば、納得の価格だと思います。

でも、個人的に言えば、検査工数を減らしたB級品みたいなのがあれば、喜んで買うんですけど…、ブランドイメージを損ねるので、安売りは絶対にしないでしょうね。

[ 2024年04月08日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

日本に現存する100年前のハーレー

こちらはハンバーグ師匠チャンネルの動画ですが、何と1925年式の実働するハーレーダビッドソンの動画です。 こんなのが本当に実際に公道を走れるなんてびっくりですね。

エンジンのタイプで言うと、1911年から1929年まで作られていたFヘッドというモデルなんですね。 それにしても1200ccVツインで10馬力というスペックもそうですし、エンジンオイルをエンジン内で巡回させるオイルポンプも無し、ウインカーも無し、等々、現代車が当たり前にあるような機構が無いのもびっくりです。 バイクや車って、わずか100年ぐらいの間にものすごい進化してるんですね。 

やはり100年前のバイクのエンジンって、見ているだけで面白いですね。 プッシュロッドがバルブを押すのも直に見られるのも、興味深い所です。 ハンバーグ師匠の「生きてますよ!」って動画内で言っていますが、古い機械って温かみがあって、何か生物っぽい感じもするなと、私も思います。

私の母方のもう亡くなってしまったおじいさん(明治生まれ)も、昔は陸王を持っていたと母から聞きました。 調べてみたら、陸王はハーレーから技術を譲り受け、戦前から日本でライセンス生産されていたんですね。 エンジンの形式は、この動画のFヘッドの次の型のサイドバルブというエンジンだったようです。 おじいさんの陸王ってどんなバイクだったのかな?と、思ってしまいました。

[ 2024年04月06日 17:00 ] カテゴリ:動画 ハーレーダビッドソン | TB(0) | CM(0)

Honda CRF1100L アフリカツイン PV

ホンダのビッグアドベンチャーモデル、CRF1100L アフリカツインシリーズのPVです。 冒険心を掻き立てるような、良いPVですね~!

ホンダも近年のダカールラリーでは、CRF450Rallyで2020、2021、2024と3回優勝していますし、1986年~1989年ではパリ・ダカールラリーをNXR750で4連覇していますから、やはりCRF1100Lアフリカツインもその末裔と言ってよいでしょう。 こんな広大な砂漠を走らなくても、1週間ぐらいの北海道ツーリングにビッグアドベンチャーモデルでもう一度行ってみたいなぁ(笑)。

[ 2024年04月04日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

ハーレーダビッドソン 2023年型エレクトラグライド PV

ハーレーの2023年型エレクトラグライド(FLHSB)のPVです。 全く喋りが無く、ひたすらにバイク+音楽の短いPVなんですが、メチャかっこいい! 渋すぎます。

わずか1分8秒のPVなのですが、アメリカを旅するロードムービー風の作りで、かなり映像にこだわりを感じますね。 途中のモーテルのベッドと、シワシワになった家族の写真、物言わぬバイク乗り…等々、視聴する側の想像力を非常に掻き立てる映像だと思います。   いや~カッコええわ~(笑)。 

ちなみにこういうスタイルに憧れてプレーンなジェットヘルを買いましたが、私はジェット+サングラスのスタイルでは目に風を巻き込んでしまい、短距離でも走るのがシンドかったです。 こういうロードキングのようなフロントスクリーンだったら大丈夫なんだろうか???

[ 2024年04月02日 17:00 ] カテゴリ:動画 ハーレーダビッドソン | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
Ads
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 04月 【8件】
2024年 03月 【16件】
2024年 02月 【14件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

カテゴリ
FC2カウンター