I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  NC700Xユーザー車検 >  ホンダ NC700X ユーザー車検挑戦記 後編

ホンダ NC700X ユーザー車検挑戦記 後編

いらっしゃいませ、世界最速でホンダNC700Xのユーザー車検の記事をアップしているのはこちらのブログです(笑)。 日本最速でも良いけど、車検は日本ぐらいにしか無いから世界最速になるでしょ…(笑)。

と、冗談はさておき、昨日のホンダ NC700X ユーザー車検 挑戦記 前編からの続きです。 前編では事前の準備と光軸をテスターで検査するところまでを書いています。

米山自動車さんでライトの光軸調整を受け、自賠責保険に加入した後は多摩の車検場に到着です。 12時半前には入ることができました。
NC700X_UserSyaken_201503009.jpg

ちなみにGoogle Earthからの画像をキャプチャして、建物を上から見た写真を貼っておきます。 (Copyright:@Google Earth)
syaken_tama_birdview.jpg


まずは上の航空写真では2番の棟に行き、車検検査費用を支払います。
NC700X_UserSyaken_201503010.jpg
今回は米山自動車さんで書類等を書き込んでしまいましたが、本来はこちらで書類を入手して書き込む作業をする所です。 受付で「バイクのユーザー車検に来たんですが・・・」と言うと、あれこれと色々親切に教えてくれます。

こちらで支払ったのが、下記の合計5500円です。
・検査登録印紙代 400円
・審査証紙代 1300円
・重量税印紙代 3800円
・(継続車検用用紙 20円)今回は米山自動車さんで頂いたので無料

そうです、重量税と自賠責保険を除いて、純粋に車検の検査にかかる費用は1720円だけなんですね。 バイク屋さんに車検を頼むと、詳しい値段の内訳はあまり教えてくれないので、社会勉強になります(笑)。 ちなみに、本来ならば継続車検用用紙の20円もこちらで払わなければいけないんですが、今回は米山自動車さんで書類は無料で頂けたので、書類用用紙は払っていません。

通常の手順であれば、書類の次は自賠責保険なのですが、私は米山自動車さんで入ってしまいました。 もしこちらの多摩車検場で自賠責保険に入るのであれば、敷地の門を出たすぐ正面に自賠責保険を扱う保険屋さんの店舗があります。 上の写真では4番になります。 ですので、自賠責保険は航空写真4番の保険屋さんで加入することができます。

書類+自賠責保険を入ったら、いよいよこちらの本棟(航空写真1番)に戻ります。
NC700X_UserSyaken_201503009.jpg
午後一の3ラウンド目の書類受付は12時45分ですから、12時45分になったら受付開始です。 現在の車検証、車検検査の書類、自賠責保険、前年度の納税証明書、24ヶ月の点検整備記録簿等をすべてバインダーに挟んで窓口に提出します。

書類上の不備がなければ、多摩車検場の場合はバイク専用のコースに並んでくださいと言われます。 その書類をバックパックに入れて、いよいよ車両検査本番に望みます。

ちなみに車検場の構内は私有地なのでノーヘルOKです。 NC700Xのラゲッジスペースに自分のヘルメットを入れ、ノーヘルで風を切りながら車検のバイク専用コースまでバイクを走らせます。 車検検査を受ける時も手順の説明があるので、ヘルメットは脱いで受けたほうが良いと思います。 (構内でも安全運転を心がけましょう)

こちらがバイク専用コースの入口付近です。 航空写真では3番になります。 写真をクリックすると大きくなりますが、バイクが並んでるのも写真では分かりますね。
NC700X_UserSyaken_201503011.jpg

一番手の人はKTM 390DUKEの新規登録でした。 私はユーザー車検初心者なので、2番手に付けました。

そしてバイク専用コースでの、車検検査が来ます。 何度受けてもココはドキドキしますね(笑)。 最初に受けていたKTM 390DUKEの様子をじっと見て、手順を頭に入れます。

そして私の番! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! バイク用コースの内側にバイクを乗り入れます。  ここが非常に大きいポイントなのですが、検査員の方にまずは、「バイクのユーザー車検は初めてなので、よろしくお願いします!」と大きな声で挨拶をします。 

検査員の方も、「ああこの人は素人なんだ!」と思ってもらえるので、その後は親切に色々教えてもらえるようになります。 検査員も不要に時間を使いたくないですし、業者の方も沢山居るので、スムーズに車検を受けられるように気遣いして貰えます。 最初から開き直って、「自分は不慣れな素人なんだ」と説明しておいたほうが、ユーザー車検の場合は良いと思いますね。

最初の第1段階は、ウインカーやライトのHi/Lo、ホーン、ブレーキランプ、車体番号の確認をします。 検査員の方の指示に従い、操作します。

次の第2段階では、排ガスのチェックです。 プローブをマフラーに入れて検査します。 ノーマルマフラーなので、この辺りは余裕です。

第3段階では、前後ブレーキのテストとスピードメーターのテストになります。 こちらも係員の指示にしたがって操作すれば、まず問題はないでしょう。 ちなみにNC700Xの場合、スピードメーターを計測しているのは後輪側になります。

そして最後の第4段階でライトの光軸と光量の検査になります。 受かるかどうかドキドキしましたが、米山自動車さんのアドバイスを活かすこと無く、あっさり終了します。

すべての検査に合格し、ラインの先ではんこを貰えば、車検の作業は全て終わりになります。

その後はまた本棟に戻り、車検証と次回車検表示のステッカーをもらいに行きます。 窓口で「検査を全て終わり、合格しました」と伝えて書類一式を渡します。

そして名前を呼ばれた後、新しい車検証とナンバーに貼るステッカーを貰えます。
NC700X_UserSyaken_201503012.jpg

この新しい車検証を受け取ると、ユーザー車検が終わった!という非常に大きな満足感が得られる瞬間です。 そして建物の外に出て、自分のナンバープレートから古い車検表示のステッカーを剥がすと・・・!!!

ナンバープレートの車検表示のステッカーなんですが、盗難されて再利用するのを防ぐために、わざと残りの糊が盛大に残るようになってるんですね…。 車ではフロントガラスの室内側で貼るので分かりませんでしたが、バイクはこうなるんだ…(笑)

ステッカーの糊を剥がそうかと苦戦しましたが、結局そのまま上に貼ってしまいました(笑)。 神経質な人はステッカーの糊を剥がすリムーバーとスクレーパーみたいなものを持っていったほうが良いかもしれません…。 それか、自走してきた人は自宅でゆっくりとドライヤー等を使って張り替えたほうが良いと思います…(笑)。

とにかくこれで車検は終了です。 車でもそうでしたが、案外あっけなく終わってしまうものなんですよね~。 前編と重複しますが、今回の車検にかかった費用を説明します。

今回の費用総額
・自賠責保険 13,640円(24ヶ月)
・検査登録印紙代 400円
・審査証紙代 1,300円
・重量税印紙代 3,800円
・継続車検用用紙 20円(今回は米山自動車さんで頂いたので無料で済みました)
・事前テスター検査(米山自動車さん) 光軸調整 2,160円

今回のNC700Xユーザー車検費用合計:総額21,300円

今回の費用合計額ですが、今回バイクのユーザー車検は合計21300円で車検が通りました。 事前の光軸調整が無ければ、19,180円でしたね。  

恐らく街のバイク屋さんでは5万円程度もしくはそれ以上でしょうから、やはりユーザー車検は圧倒的にお得ですね。 賞味2時間程で済んでいまいますから、平日休みがない人でも、有給を使ってでも何が何でも自分で受けたほうが(笑)、圧倒的に費用ではお得だと思います。 

段取り八分とはよく言ったもので、ユーザー車検はまさに事前準備で書類と車体さえ完璧にしておけば、ライン検査自体は非常に簡単に済んでしまいます。 恐らく書類一式は無くしてなければ問題無いですし(笑)、当日に書き込む書類も例を見ながら書けば非常に簡単です。 最大の難関はライトの照度/角度検査でしょうね。 ライトをHIDに変更している人等も心配でしょうから、米山自動車さんのようなテスター屋さんで事前に見てもらえると安心だと思います。

まさにユーザー車検は「段取り八分」、そして「備えあれば憂いなし」ですね。

[ 2015年03月06日 17:00 ] カテゴリ:NC700Xユーザー車検 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメント欄書き込みの際、下記の点をご注意願います。

・無記名での書き込み
・感情的なだけの批判、罵倒、悪口等
・コメントを公共の場と認識していない、乱雑な態度の書き込み
・ブログの記事内容に関係が無い、宣伝目的のスパム的な書き込み

コメントを頂いた際、上記のような書込であると管理人が判断した場合、非公開もしくは削除させて頂く場合がございます。
くれぐれも、公共の場であるという認識と、節度ある文章を心がけて頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 02月 【11件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター