I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  バイク試乗記 >  ホンダ レブル1100DCT 試乗2回目 【Honda Rebel1100DCT】

ホンダ レブル1100DCT 試乗2回目 【Honda Rebel1100DCT】


先日ですが、ハーレーのパンアメリカ1250スペシャルとストリートロッドを試乗する前に、ホンダドリーム店に行って、レブル1100DCTの2回目の試乗をしてきました。  前回は初DCT体験だったので、DCTの動作にばかり気を取られていたような気がしました。 今回は落ち着いて、マニュアルモードでのギアの上げ下げや、自分の身長が186cmなので、クルーザー的ポジションが本当に自分に合うのかどうかの確認をしたいと思っていました。 後は公道でのサスペンションストロークの動きの確認をもう一度確かめたいと思っていたのが主な理由ですね。





それと、レブル1100DCTを乗った後に、ハーレーディーラーに行って、ストリートボブ114に乗って、どのくらいレブル1100のエンジンとハーレーのビッグツインエンジンのトルク特性が違うのかを比較したかったのが2番目の理由です。 (しかしながら、ハーレーディーラーではストリートボブ114は入院中で、乗ることができませんでしたが…)。





ホンダドリーム店にはAM10時半頃到着し、レブル1100DCTを試乗したい旨を申し出ると、すぐに用意してくれました。 そして、ホンダドリーム店から先日と同じコースを走り出します。





コース半分程行ったところの駐車場で撮影。 最初はレブル1100だったらワインレッドが良いかなあと思ったんですが、黒も中々良いですね。




2021_0919_Rebel_TestRideT001.jpg


ノーマルマフラーですが、鼓動感を感じさせるための絶妙なセッティングが施されていて、排気音も大きすぎず小さすぎず、ちょうど良い程度の排気音だと感じました。 正直マフラーのスタイリングはいまいちなんですが、サウンド的にはノーマルが一番だと思いました。 これ以上音が大きくなっても嫌かなぁ…。




2021_0919_Rebel_TestRideT003.jpg



タンクやフェンダーの塗装が、見る角度によって違うのも高級感があります。 車体左側からは、クラッチレバーが無いことで、この車両はDCTだと認識できます。 レブル1100のカタログを貰った時、最初は何故表紙が車体左側からの写真なのかが最初分かりませんでしたが、レブル1100のカタログ表紙写真は恐らくDCTをアピールしたかったんでしょうね。




2021_0919_Rebel_TestRideT004.jpg



こちらがホンダのレブル1100カタログ表紙。




Rebel1100Catarog.jpg



今回の試乗ではマニュアルでギアシフトをしてやろうという気持ち満々でしたが、最初の幹線道路をスタンダードモードで走り出すと、スタンダードモードのギアシフトが完璧すぎて、すぐにフルマニュアルでシフトする気持ちが失せました(笑)。 ところどころ、マニュアルでシフトダウンして加速したりしてみましたが、レブル1100に搭載されているDCTを制御しているプログラムの優秀さに、改めて舌を巻きましたね(笑)。 





エンジンはNC700Xと同じ270度クランクの水冷パラレルツインなので馴染みがありますが、排気量が大きいのと、フライホイールの質量をアフリカツインよりも32%アップしているセッティングで、より鼓動感を感じる味付けになっています。 この辺りの鼓動感+トルク感も重厚で、クルーザーのトルク感あふれる雰囲気を満喫できます。 やはり自分はトルク型のエンジンが好きなんだなと再確認させられました。 NC700Xもトルク型のエンジンなので、ほのかな鼓動感がありますが、レブル1100はよりダイナミックな鼓動感ですね。 低速でものんびりドコドコ走れるエンジンです。 因みに270度クランクのパラレルツインは、Vツインとシリンダーの爆発間隔が同じになります。





ポジションは、ニーグリップせずに足をステップにかけ、シートにどかっと座るポジションです。 慣れると問題ないですが、交差点などで止まる時に、足をどこに下ろそうかちょっと戸惑います。 その辺りは慣れでしょうね。 店のウィンドウに映る自分のポジションをちょっと確認しましたが、それほど窮屈そうでもなく、実際に座った感じもリラックスして乗れる感じです。 普通に自宅の椅子に座るような感じでしょうか。 尻に上半身の体重が全部乗っかるので、ロングツーリングでの尻痛が気になりましたが、30分程度の試乗では全く尻痛の雰囲気はありませんでした。





逆に今回は、ハンドルがちょっと遠いかなと感じました。 自分的には後ろに後2センチ、高さが後1センチぐらいであれば、上体が立つので良い感じになると思いました。 小柄な人にはかなりハンドルは遠く感じるんじゃないかなあ??? 社外品のハンドルライザーでポジションが変えられるのですが、どのハンドルライザーを使えば自分好みのポジションになるのかが問題ですね。





気になるサスペンションストロークですが、流石にNC700Xに比べたら若干突き上げ感がありますが、そこはアドベンチャー風モデルとの違いということですね。 スタンダードなフロント正立フォーク、リア2本ショックの割には、乗り心地は良いですし、公道でのサスペンションの動きも悪くないと思います。 ハーレーの空冷スポーツスターローダウンモデルよりも、乗り心地は快適です。





ブレーキもそれほどハードブレーキングはしていませんが、必要かつ十分な効き味です。 フロントがシングルディスクですが、ラジアルマウントキャリパーの対向4ポッドピストン+フローティングディスクで、ブレーキレバーのタッチも良好でした。 この辺りは流石にホンダクオリティですね。





上の写真を撮った後、制限速度が80キロまでの自動車専用道路を走りました。 スタンダードモードでもアクセルを捻ると鬼加速するので、怖いぐらいですね。 下からモリモリトルクが出るのですが、それが上までかなり持続する感じです。 普段フロントにロングスクリーンが付いているNC700Xを乗っているので、風を全身に浴びる感じが新鮮です。 冬は寒いと思うんですが、夏から秋ぐらいはスクリーンが無くても良いかなあと思いました。 サードパーティ製のウィンドスクリーンもありますし、その辺りは問題無いですね。





自動車専用道路を降りた後は、レインモードにして細い一般道を自動車の後について走りました。 レインモードでも十分トルクを感じますし、マッタリ運転するのにレインモードは最適ですね。 鼓動感を感じつつ、リラックスして乗れるので、今回はレインモードでのDCTの良さをかなり感じました。 逆にスポーツモードは忙しなく感じましたが、いつもの峠道をスポーツモードで走ってみたいと思いましたね。 





またあっという間にホンダドリーム店に到着し、店の駐車場でぐるぐる回ってみました。 ステアリングもダルな感じもなく、自然で良いと思います。  すごく自然なハンドリングで、クルーザーとは思えないぐらいです。





ホンダドリーム店で後ろから写真を撮ってみました。 タンデムシートはかなり小さいですね。 二人乗りには向かないかなぁ。 フロントとリヤフェンダーは樹脂ではなく、金属なんですね。 リヤフェンダーは二人乗りする剛性に関係あるんでしょうか。




2021_0919_Rebel_TestRideT2002.jpg



今回レブル1100DCTに2回目の試乗をしましたが、やはり自分が選ぶのであればMT車ではなく、DCT一択ですね。 そのぐらいこのDCTはよくできていると思います。 トルク型のエンジンでマッタリと走るのも楽しいですし、その気になれば峠道をちょっと頑張ってみる事もできます。 





レブル1100DCTのネガティブポイントと言えば、13Lの少ないタンク容量、貧弱なタンデムシート位でしょうか? 個人的には、レブル250、レブル500、そしてレブル1100と、正面から見たらほとんど見分けがつかない事もいまいちでしょうか?(笑)。 フロントサスのインナーチューブがチタンコーティングされている事位が差別化のポイントですね。  自分がレブル1100を買ったら、ラッピング加工でカラーリング変えてみたいなと思いました。 後はタイヤ交換時期の時に、バイク用品店等で特価品が無いのも困りますね(笑)。 主流の前後17インチだったら特価品があるのですが、レブル1100の特殊なタイヤサイズは、中々在庫している店も無いと思います。





自分の現愛車のNC700Xですが、7月にタイヤ交換をしたばかりなので、来年までは乗りたいですが、その後レブル1100DCTは乗り換えの強力候補になりましたね~。 それにしても、今レブル1100DCTをオーダーしても半年以上待つと聞いたのですが、この状況はいつまで続くのかなぁ。



[ 2021年09月22日 17:00 ] カテゴリ:バイク試乗記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメント欄書き込みの際、下記の点をご注意願います。

・無記名での書き込み
・感情的なだけの批判、罵倒、悪口等
・コメントを公共の場と認識していない、乱雑な態度の書き込み
・ブログの記事内容に関係が無い、宣伝目的のスパム的な書き込み

コメントを頂いた際、上記のような書込であると管理人が判断した場合、非公開もしくは削除させて頂く場合がございます。
くれぐれも、公共の場であるという認識と、節度ある文章を心がけて頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 02月 【12件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター