I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  ホンダ Rebel1100T DCT >  私の次の愛車発表編 【ホンダ レブル1100T DCT】

私の次の愛車発表編 【ホンダ レブル1100T DCT】

私ですが、2012年4月からホンダ NC700Xに乗り始め、2023年1月末に売却するまで、10年10ヶ月乗り続けました。  次の愛車ですが、こちらで発表します。

ドコドコドコドコ(ドラムロール)、ジャン!! 私の次の愛車ですが、ホンダのレブル1100T DCTです。
Rebel1100T.jpg

去年12月頭にホンダドリーム店で見積もりを取って熟考した後、去年の年末に正式に契約しました。 
Rebel1100T_05.jpg

私が何故このレブル1100T DCTモデルにしたかという事を、現在レブル1100Tエアオーナーの私が綴っていこうという、超絶眠たい企画です(笑)。

Q&A形式で書いてみました。

Q1:NC700Xはアドベンチャースタイルだったのに、何故国産クルーザーを乗ろうと思ったの?

A1: 元々ハーレーを試乗しまくっていて、そのクルーザー的な乗り味が好きだったので、クルーザーにしました。  ハーレーをなんで買わなかったというと、単純に高いからです。 現在、水冷スポーツスターSやナイトスター、ソフテイルスタンダードでも200万以上します。 趣味100%のバイクに200万円も出すのは、流石に気が引けますし、自分の趣味としても100万円プラスαぐらいでないと、自分自身納得が出来ませんでした。 そりゃーちょっと無理すれば、300万円ぐらいのバイクは買えるんですけど、自分の中でなんか違うな、という感じですね。

じゃあ、ハーレーの代わりにレブル1100Tを買うのかというと、それも違います。 試乗してその走りに惚れたのが大きいですね。 アフリカツインのエンジンをデチューンした、270度クランクのパラツインエンジン+DCTという機構と、クルーザースタイルの親和性が自分のツボに入りました。 

エンジンもNC700Xで馴染みのある270度クランクのパラツインですが、かなりエンジンのドコドコという鼓動感があるのがとても気に入りました。 中間加速もパワフルですが、のんびり乗っても楽しそうという、自分の好みのエンジンでした。 そしてハンドリングもクルーザースタイルなのにすごく素直で、クルーザーの乗車ポジションだけどネイキッドバイクのようなハンドリング特性というのも、試乗して気に入った部分です。 

ハーレーのようなクルーザーですが、走りもそれなりに楽しめるバイクで、DCTという機構が付いているのが最大の魅力でした。 DCTが気に入ったのも、自分の中でかなりの高ポイントだったと思います。 もしレブル1100がMTのみであれば、V-Strom1050XT辺りを買ってたかもしれません。

自分の中ではハーレー的なクルーザースタイルで、国産でメンテナンスも容易だしインチ工具も要らない、というのも大きいですね。 もちろん価格も、自分が納得できる金額です。 乗り出しコミコミ価格で142万円という値段も自分のライフスタイルに見合う金額でした。 細かいことを言うと、グリップヒーターとETCが標準装備なのもお得感がありました。 グリップヒーターとETCは絶対につける装備だったので、後付でつけるよりは標準装備で付いていた方が手間無しで嬉しいです。


Q2:何で、レブル1100じゃなくて、ヤッコカウルのレブル1100Tにしたの?

A2: これは本当に最後まで悩みました。  カウルなしのDCTモデルにするか、ヤッコカウル+左右のハードパニア付きのレブル1100Tにするか最後まで考えてましたね。 カウルなしのレブル1100の軽快なスタイルも好きでした。 去年のレブル1100Tの発表前まで、カウルなしのレブル1100を買って、ウインドスクリーンをつけて、左側にデグナーの革バッグを付けて、なんて考えてました。 

今まで乗っていた、NC700Xのダミータンク部分のラゲッジスペースが本当に便利だったので、やはりある程度の積載能力は欲しかった。 フロントスクリーンもNC700Xはロングスクリーンに変えてたので、高速走行するときにはやはりカウルが欲しかった。 ということで、レブル1100Tが発表された時に、「コレを買えば、ノーマル状態で欲しい装備がすべて付いているじゃん!」と思いました。

唯一の悩みは「ヤッコカウルの形状」でした。 そのあまりにもハーレーに似ている姿が自分の中でちょっと引っかかりました。 ハーレーのFLHXのようなヤッコカウルで、パッと見はすごく似ています。 プアマンズハーレーみたいだな?なんてことも頭をよぎりました。 

こちらがハーレーのストリートグライド
HD_StreetGride.jpg

こちらがレブル1100T
Rebel1100T.jpg

上を見ると、違うバイクともいえば違うし、バイクを知らない人から見れば、同じバイクかもしれない…。 正直オリジナリティは無いと思います。 

ですが、恐らくヤッコカウル形状は、ノーマルのレブル1100にウィンドスクリーンを付けただけよりも、遥かに快適そうだというのが乗る前から分かります。 空冷スポーツスターに乗っている同い年の従兄弟に「レブル1100Tを検討しているけど、ヤッコカウルの形状がハーレーに似すぎていてイマイチためらっている」と話したら、「そんな事気にせずに好きなの買えばいいんじゃないの?」と言われ、それで吹っ切れました(笑)。 機能重視ということで、自分の中では割り切りました(笑)。

Q3:何でDCTモデルを選んだの?

A3: 去年レブル1100を試乗した時に、そのDCTモデルの快適さと、バイクのファンライドを併せ持つ特性に惚れました。 通常のMTでロングツーリングに行くと、ヤマハのTMax530を見て、「ビッグスクーターって快適そうだな」なんて思ってました。 DCTはボタンでシフトアップダウンも選択できますし、何より昨今のホンダのDCTモデルの熟成度合いはすごく気になってましたね。 レブル1100DCTには3回試乗しましたが、自分でシフトするよりも上手いし、なにより自然なギヤ操作を勝手にしてくれるところですね。 ブレーキとアクセルだけで操作して、ギアを意識しないのはすごく新鮮ですし、何より変わらずファンライドな部分も併せ持っているからです。

Q4:同じDCTモデルがあるホンダのNC750X DCTや、ホンダ CRF1100アフリカツイン DCTにしなかった理由は?

A4: ホンダのNC750X DCTはかなり気になってました。 NC700Xは自分の中ですごく気軽に乗れる頼もしい相棒だったので、NC750X DCTも愛車候補でした。 ただ、今現在のNC750X DCTはシート高が低いです。 昔のNC700Xの時のタイプLD仕様の足回りしか無いのがいまいちでしたね。 アフリカツインも気になってましたが、今度買うならクルーザーかな?なんて思いでレブル1100Tにしました。

Q5: いつからレブル1100を次の愛車にしようと思ったの?

A5: 2021年7月に、レブル1100を試乗してからですね。 その時にハーレーのソフテイル ストリートボブ114も気になっていました。 元々ハーレーの空冷スポーツスターが好きで、NC700Xを買う前に試乗してもかなりツボにハマっていたのですが、空冷スポーツスターはもうすべて絶版になりました。 ハーレーの水冷スポーツスターSは値段が高いし、レブル1100ってどんなかな?くらいの気持ちで試乗したら、ビビッと来てしまいました。

私はハーレーを所有したことは無いですが、試乗はかなりしています。 このブログの「バイク試乗記」カテゴリーで数えたら、ハーレーの試乗記事は10本書いてました(笑)。 昔の空冷スポーツスターを試乗した時に、2010年ぐらいのローダウンモデルはすごく乗り心地が悪かったんです。 車高を低くするために、サスペンション長が短く、底づきして乗れたもんじゃなかったです。 走りも交差点でガリガリどこかを擦ってしまうほど、昔の空冷スポーツスターのローダウンモデルは走りが楽しめないモデルでした。 

レブル1100ですが、流石ホンダ!と思いました。 サスペンションもそれなりで、長距離ツーリングも十分こなせそう。 ハンドリングもクルーザーとは思えないほど素直で、バンク角も深く、いつもの峠でもそれなりに走りを楽しめそうな雰囲気を感じました。 エンジンもパワフルで、電子制御の恩恵も感じられ、バンク角もあるという、ハーレーのネガティブな部分がすべて払拭されていました。 

と、上のような理由で、レブル1100T DCTモデルをチョイスしました。 ホンダドリーム店で説明を受けたのですが、ホンダの3月生産ロットを抑えてあるので、4月には納車だそうです。 今頃私の愛車になる予定のレブル1100Tが、熊本の本田技研の工場で作られているんだなぁ~と思うと、思わず九州の方に向かって祈ってしまいます。 

2023年式のレブル1100/1100Tですが、2月24日の正式販売日以降、ぼちぼちTwitterなどでも納車報告が上がっていますね。 まったく羨ましい限りです。 年甲斐もなく、「早く4月になって、俺のレブル1100T納車されないかなぁ~」という、遠足前の小学生のような気分になってます(笑)。

4月にはほぼ納車できるようなので、来月が楽しみです。 GWにはどこ行こうかなぁ~!

[ 2023年03月03日 17:00 ] カテゴリ:ホンダ Rebel1100T DCT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメント欄書き込みの際、下記の点をご注意願います。

・無記名での書き込み
・感情的なだけの批判、罵倒、悪口等
・コメントを公共の場と認識していない、乱雑な態度の書き込み
・ブログの記事内容に関係が無い、宣伝目的のスパム的な書き込み

コメントを頂いた際、上記のような書込であると管理人が判断した場合、非公開もしくは削除させて頂く場合がございます。
くれぐれも、公共の場であるという認識と、節度ある文章を心がけて頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 02月 【12件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター