I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T and Harley PanAmerica1250S]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  Rebel1100Tツーリング >  レブル1100T 初ロングツーリング 【志賀草津高原ルート~つまごいパノラマライン~ビーナスライン】

レブル1100T 初ロングツーリング 【志賀草津高原ルート~つまごいパノラマライン~ビーナスライン】

2023年のGWですが、私は5月1~2日は仕事だったため、5月3日に新車のレブル1100TでGWツーリングに出撃しました。 当日は晴れでしたが、朝は放射冷却で冷え込む予想だったため、ジャケットの下にダウンを着込んで出発。 行き先は、いつもこの時期に雪の回廊が見られる、志賀草津高原ルートをまず目指します。 自宅は朝5:30出発でした。

異変を感じたのが、野辺山から小海に降りて、トイレ休憩にコンビニに入ったときの事。 国道141号線も、朝7時前なのにやけに車が多く走っています。 コンビニに入ると、トイレに人が並んでる…。 諦めてその次のコンビニに入っても、人がイッパイ…。 幸いそこでトイレには入れましたが、朝7時前の八千穂辺りののコンビニに人が溢れているなんて、いつもはない光景です。

【久しぶりの行動制限が無いGWは、どこも人で溢れていた…!(笑)】 そうです、考えてみれば2020年のGWには緊急事態宣言で他県には行けないどころか、買い物にも大人数では行くなという国からの指導があり、そこからあまり大手を振って出歩けない風潮になりました。 2020~2022年はコロナ禍のGWでしたが、2023年は久しぶりに通常のGWの雰囲気ということで、人が溢れていました。

話を元に戻すと、そこから八千穂高原ICで高速に乗ります。 初めてレブル1100Tでの高速走行。 納車説明の時に説明された、クルーズコントロール(クルコン)を使ってみました。 100キロでクルコン作動させてみると…。

「クルコンは、めちゃめちゃ楽!」 今風の若い人風に言うと、「クルコンは神!クルコンしか勝たん!」(笑)

クルーズコントロールですが、高速道路でアクセルを固定できるのがこんなに楽だとは思いませんでした。 やろうと思えば、高速走行でも両手離しができます(やらないですけど(笑))。 これは高速道路の長距離移動が素晴らしく快適になります。 ブレーキを掛けたら自動で解除になりますし、設定速度からプラスマイナスもスイッチで簡単にできます。  電子制御の恩恵を感じ、上信越自動車道を長野方面に向かいました。

またトイレ休憩しようと、東部湯の丸SAに入ろうとすると…! 朝7時なのに、車はもうすでに駐車場待ちになっている!! 東部湯の丸SAはかなり広いんですが、車の数が半端ないです。 バイクなので、片隅に停めました。
2023_0503001.jpg
後ろに停まっていたヤマハ NIKEN GTを初めてまじまじと見ました。  トリシティはよく見るんですが、このNIKEN GTはど迫力ですね。 どんな操舵性なんだろう?

このあたりから、今日はどこに行っても混雑しそうだなと思いながら走行し、信州中野ICで下車しました。 信州中野のガソリンスタンドでガス補給して、志賀草津高原ルートを登っていきます。

熊の湯から横手山に向かっていきます。 いつもの横手山ドライブインも、メチャ車が多い!。 いつもの写真スポットには停まれず、横手山ドライブインの上のスペースに駐車しました。
2023_0503002.jpg

人混みが嫌いな私は、もうこの辺でちょっとげんなりしてます(笑)。 そこから、スキー客がたくさんいる渋峠を過ぎて、日本国道最高地点に行くと、案の定激混みでした(笑)。
2023_0503003.jpg
朝8時過ぎでもうこの混雑です(笑)。

次は雪の回廊です。 雪の回廊を下に見下ろす駐車場も、車で溢れています。 外国人の方も多く見受けられましたね。 雪の回廊ですが、今年は3月が暖かかったせいか、いつもよりも壁は低い感じがしました。
2023_0503004.jpg
いつもだったら雪の壁の脇にバイクを停めて写真撮影するんですが、今回は諦めました(笑)。

とりあえず、草津にのんびり走行しながら降りていきます。 レブル1100Tですが、意外にもワインディングのハンドリングが良いです。 今まで乗っていたNC700Xにも引けを取らないハンドリングです。 クルーザーなのに、ハンドリングがかなり良いのが素晴らしい。 このあたりは今度まとめるインプレ記事に詳しく書こうと思います。

草津の外れにあるセブンイレブンで、サーモスに入れてきたコーヒーと菓子パンで休憩。 今から志賀草津高原ルートを目指すバイクや車でいっぱいです。 そこから、私はつまごいパノラマライン北ルートを目指しました。

つまごいパノラマラインですが、ここはいつもと同じですね。 バイクをちらほら見かけますが、そんなにバイクや車も多くありません。   久しぶりに同じところで撮影した写真。
2023_0503005.jpg

キャベツ畑ですが、今からなので荒涼とした雰囲気です。 
2023_0503006.jpg
やはりつまごいパノラマラインは良いですね。 北海道にいかずとも、北海道ツーリングしている気分を味わえる場所です。 ここものんびり走ります。 

つまごいパノラマラインを過ぎ、湯の丸スキー場から東御に降ります。 まだ時間があったので、東御からはビーナスラインへ行こうと思い、ナビを美ヶ原高原美術館にセットします。 この辺りから気温も高くなり、ジャケットの中のダウンを脱いで走行しました。

久しぶりに白樺平から美ヶ原高原美術館にアクセスします。 このあたりから雲も取れてきて、景色も良い! 美ヶ原高原美術館は当然激混みが予想されていたので、手前で写真撮影。 上田市辺りがよく見えます。
2023_0503007.jpg

美ヶ原高原美術館ですが、今までに体験したこと無いぐらいの車とバイク! 美ヶ原高原美術館の駐車場外側2面がバイク用の駐車スペースになっているのですが、こんなの無かったなぁ。
2023_0503TT001.jpg
人のバイクを色々見させてもらって楽しみました。 

レブル1100Tの隣に停まっていた新型カタナがかっこいい!
2023_0503008.jpg
昔のカタナですが、このカラーリングもありましたね。 おそらくシルバーのカタナをベースにして部分ラッピングしているんだと思いますが、センスが非常に良いなあ…。 文句なしにかっこいいです。 バーハンですが、スワローハンドルに交換されているのもポイントが高い!

写真はプラモデルですが、オリジナルのGSX1100S Katanaのカラーリングがこちら。
GSX1100S_Katana_Silver_Blue.jpg
こちらのオリジナルのカラーリングを見ると、ガソリンタンクのスズキのロゴの大きさまで計算して作成しているのがよく分かります。 

美ヶ原高原美術館から、白樺湖方面にビーナスラインを走って行きます。 ビーナスラインは私のホームコースのようなもので、ジェベル時代から15年ぐらい走り続けているので、大体コーナーのRや路面状態もわかります。 

やはり、レブル1100Tのハンドリングが良いのは気のせいではありませんでした! 車重はNC700Xよりも30キロ以上重たいですが、NC700Xよりもコーナリングは良いかも知れません。 前後のサスも新車の時から良い仕事をしていますし、なによりも現代車風のコーナリングで、フロントタイヤからグイグイコーナーを曲がってきます。 これは凄いわ…。 エンジンのトルク感+フロント荷重のコーナリングで、レブル1100は峠の走りも満喫できます。

途中のいつも撮影するスポットから。
2023_0503009.jpg

こちらは見返り峠
2023_0503010.jpg

そこから霧の駅で一時休み、白樺湖から茅野~原村と進みます。 原村の蓼科自由農園で、久しぶりに長門牧場のソフトクリームを食べました。 (長門牧場と原料は同じソフトクリームを売ってます)

2023_0503T001.jpg
400円とかなりお高くなりましたが、味は相変わらず美味しいです。

原村から小淵沢を過ぎ、自宅の近くのスタンドでガス補給しました。 PM4時辺りに自宅へ到着。 本日3回ガソリン給油しましたが、平均で23キロ以上の燃費です。 2回めのガス補給では、25キロ/Lの値も出ていました。 

本日の走行距離、416キロ。 本日までのODO 614キロでした!



[ 2023年05月05日 17:00 ] カテゴリ:Rebel1100Tツーリング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメント欄書き込みの際、下記の点をご注意願います。

・無記名での書き込み
・感情的なだけの批判、罵倒、悪口等
・コメントを公共の場と認識していない、乱雑な態度の書き込み
・ブログの記事内容に関係が無い、宣伝目的のスパム的な書き込み

コメントを頂いた際、上記のような書込であると管理人が判断した場合、非公開もしくは削除させて頂く場合がございます。
くれぐれも、公共の場であるという認識と、節度ある文章を心がけて頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Ads
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 04月 【12件】
2024年 03月 【16件】
2024年 02月 【14件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

カテゴリ
FC2カウンター