I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T and Harley PanAmerica1250S]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  Rebel1100Tツーリング >  レブル1100Tで299麦草峠ショートツーリング

レブル1100Tで299麦草峠ショートツーリング

5月5日は家族で日帰り旅行を行ってきました。 新潟の糸魚川に行ってきたのですが、能登半島の地震があった時に丁度ヒスイ海岸で遊んでいてびっくりしました。 

5月6日ですが、前日までは曇りの予報でしたが、朝から晴れ間が見えていたため、急遽レブル1100Tを引っ張り出してプチツーリングに行きました。 行き先ですが、ホームコースの299麦草峠です。 

もうかれこれ299麦草峠は15年通っていて、おそらくシーズン中には5~6回は確実に走っています。 レブル1100Tの走行距離も850キロ近くになり、実質的に慣らし運転も終了です。 なので、いつも走っている299麦草峠のワインディング・ロードでレブル1100Tの実力を試してみようと思いました。

当日は10時に自宅を出て、そのまま141を北上して小海まで行き、299麦草峠方面へ向かいます。 141から松原湖方面へ曲がる時に、ライディングモードをスタンダードからスポーツモードに合わせました。 

峠の上りですが、スポーツモードで走るとかなりエンジンのレスポンスが良くなります。 レブル1100Tですが、クルーザースタイルの割にはハンドリングが良好で、コーナー進入時に意識的に荷重移動しなくても、フロントからグイグイコーナーを曲がっていきます。  

前に乗っていたNC700Xですが、ホイールベースが1540mm、そして今回の愛車レブル1100Tですが、ホイールベースが1520mmと、レブル1100Tのほうが20mm短いです。 なので特別車体が長く感じることもなく、NC700Xよりもよりフロント荷重でコーナリングする感覚でした。

DCT+スポーツモードでは、コーナー手前でブレーキングすると、シフトダウンで自動的に「パン~パァン~」と小気味良いブリッピングしてくれるのが気持ち良い! あんな素早い2段落としのブリッピング、自分ではできないぐらいの素早くて超正確なブリッピングをしてくれます(笑)。
2023_0506001.jpg
そしてあっという間に299麦草峠の標高最高地点2127mへ。 松原湖からレストハウスふるさとまでは、中速コーナーも多いです。 ライディングモードがスポーツだと、やはりまだ慣れない分エンジンパワーがありすぎて手強く感じますね。 私の腕前では、今回は真の実力を出し切ることは当然ながらできませんでした(笑)。 

レブル1100Tですが、エンジン出力が87馬力、最大トルク10kgfを4750回転で出します。 なので、低速コーナーを旋回してからスロットルを開け気味にしたら、フロントの接地感がすごく軽くなる位の加速をしていました。 NC700Xではそんな加速はしませんでしたし、自分のバイクで加速時にフロントが浮くかも?なんて危惧したのは初めての事ですね。  おそらくトラクションコントロールを切ったら、楽々ウィリーすると思います。 

エンジンがパラツインなのも、フロントタイヤに対してより荷重を掛ける事ができるポイントなんだと思います。 Vツインエンジンだと、エンジンの前後長が長くなってしまいますが、パラツインはシリンダー2つがフロントタイヤ寄りにレイアウトしていますから、その辺りも運動性能が高いポイントだと思います。

エンジンがパワフルなので、ターンインでブレーキングしながらフロント荷重をかけて回り込み、早く車体を起こしてエンジンのトルクで加速するような走りになってしまいます。 NC700Xだと非力なので、旋回時間を長く取りますが、レブル1100Tの場合は減速を十分してからクルッと回って早く加速するような走り方に自然となってしまいます。 V字ラインのようなイメージです。

後感心したのがブレーキングです。 フロントブレーキがシングルディスクですけれど、キャリパーがラジアルマウントです。 ラジアルマウントの剛性感の高さをすごく感じました。 下りのブレーキングでも、かなりラジアルマウントのキャリパーは剛性感が高く、ブレーキが効きますね。 公道で体感できるほど、フロントブレーキキャリパーのラジアルマウントが良いとは思いませんでした。

299麦草峠ですが、最高地点から茅野へ降りる道はすごく荒れています。 やはりリヤサスのストロークが不足しているのと、車重が重いのがネックになりますね。 リヤが単純なツインショックなのも原因でしょうか? 道が荒れているとリヤ周りがバタつきはじめます。 前にYoutubeの素人レビュー動画で言っていた、レブル1100のフレームのよじれ等は全く感じませんでした。  リヤサスのバタつきを勘違いしているんじゃないのかなぁ??
2023_0506002.jpg
道が荒れている部分のダウンヒルは程々に走りました。 やはりNC700Xよりも車重が重いので、下りは慣性力がより高くなりますから絶対無理はできません。 でも、クルーザーのバイクにしては、峠道の登りと下りの走行も楽しい!と思えるぐらい走れるので十分満足しました。 

勿論スーパースポーツみたいには走れないですが、クルーザーでもそれなりに峠道を走れるバイクで、個人的にはいつも走っている峠でストレスなく走行できるのは良かったポイントです。

レブル1100Tですが、ノーマルのハンドル位置がちょいと遠いので、ハンドルライザーを付けて位置調整する人が多いですね。 ですが、私が今回感じたのは、レブル1100は峠道でもスポーツ的な走行をするため、フロント荷重気味にするためにわざとハンドルをフロントよりにして、積極的に荷重をフロントにかけられるようにしている設計思想だと感じました。 特に峠道の登りで走りを楽しむためには、ハンドルをフロントからプルバックさせて遠ざけると、操舵性が悪くなります。 

恐らくですが、ハンドルライザーをつけるとポジションは楽になりますが、操舵性がかなり変わってくるのでは?と思いますし、私は今のレブル1100Tの峠道での操舵性は捨てたくないので、ハンドルライザーは付けずにノーマルのポジションで乗り続けると思います。

茅野側へ降りると、晴天が広がっていました。
2023_0506003.jpg

この辺りはいつ走っても気持ちが良いです。
2023_0506004.jpg

いつも走っているエコーラインですが、またバイクが変わると新鮮です。 
2023_0506005.jpg

帰りに、富士見高原スキー場の駐車場に停めて、サイドパニアに入れてきた椅子を出してチェアリングをしてきました。 自宅で朝淹れたコーヒーと、セブンイレブンで買った菓子パンでのんびり休憩します。
2023_0506007.jpg

椅子に座ってしばらくボケッと過ごしました。 やはり外で飲むコーヒーは旨いです。 今度はジェットボイルも持って出かけて、ラーメンツーリングしたいですね。 左右のパニアですが、おもったよりも容量が無いです。 バックパックがまるごと入る感じではないですが、椅子2脚と小物位は入るので、今度は小さいテーブルも用意して走ろうかな。
2023_0506008.jpg

自宅近くでガソリン給油。 大体いつも22~23キロ位の燃費です。 条件が良いと25~26ぐらいまでは伸びる感じです。

本日の走行距離、132km。 本日までのODO 974km。 納車してから4日間でもう1000キロ弱まで走ってしまいました。 今度は購入したホンダドリームで1ヶ月点検を受けたいと思います。

[ 2023年05月07日 17:00 ] カテゴリ:Rebel1100Tツーリング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメント欄書き込みの際、下記の点をご注意願います。

・無記名での書き込み
・感情的なだけの批判、罵倒、悪口等
・コメントを公共の場と認識していない、乱雑な態度の書き込み
・ブログの記事内容に関係が無い、宣伝目的のスパム的な書き込み

コメントを頂いた際、上記のような書込であると管理人が判断した場合、非公開もしくは削除させて頂く場合がございます。
くれぐれも、公共の場であるという認識と、節度ある文章を心がけて頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Ads
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 04月 【8件】
2024年 03月 【16件】
2024年 02月 【14件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

カテゴリ
FC2カウンター