I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T and Harley PanAmerica1250S]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  ホンダ Rebel1100T DCT >  マフラーガリキズ補修と1ヶ月点検 【レブル1100T】

マフラーガリキズ補修と1ヶ月点検 【レブル1100T】

5月27日ですが、レブル1100Tを購入したホンダドリームへ1ヶ月点検に行ってきました。 4月29日に納車だったのですが、ほぼほぼ1ヶ月ですね。 走行距離は1370キロ位です。

まずその当日ですが、マフラーのガリキズ部分の再塗装をしました。 GWに志賀草津高原ルートに行った時、横手山ヒュッテから出ようと思った瞬間、バイクの下部でガリッという音が聞こえました。

先週のオイル交換の時に下を覗いてみたら、何と「純正マフラーの下にガリキズが入っている!」のを発見してしまいました!!!。  

私は高校生の時はオンロードバイク、リターンしてからは250ccオフロードのスズキ ジェベル250XC、そして前の愛車のホンダ NC700Xと、普通の車高のバイクを乗り続けていましたから、今回は青天の霹靂でびっくりしました。 シャコタンの車に乗る人が、コンビニの駐車場に入れる時にスポイラーを割らないよう、そろそろ段差を跨る気持ちがよく分かりました(そこまでじゃあないですが…(笑))。

それにしても、車高が低いのでやはりクルーザーバイクを乗る時には注意が必要ですね。 普段見えないところなのでまったく気にならなかったですが、初クルーザーバイクの私は不注意でした。

写真がこちら。 マフラー下にガリキズが縦長に入っています。 ちなみにエンジンの下は泥はねです。
2023_0527-1001.jpg
かなり長く傷が付いています。 こんな路面状態の所あったかなあ?? 志賀草津高原ルートの横手山ヒュッテの所で「ガリッ」と言ったのは覚えてるんですが、結構長く傷がついていますね。 恐らくこの部分にキャタライザ(触媒)が入っている部分です。 純正マフラーは結構頑丈にできているので、凹んではいないのが幸いです。 モリワキの20万円のフルエキだったら泣けただろうなあ(笑)。

とりあえず、傷が入っている所を処置します。 この部分には間違いなく時間が立つと錆びてくるので、錆が出る前に、耐熱スプレーを吹きます。 今回はソフト99の耐熱スプレー(つや消し黒)を用意しました。  耐熱スプレーですが、600度まで対応だそうです。 1本1500円程度とお高いですが、流石にラッカーの黒を塗っておくわけにもいきませんから、これはしょうがないですね。 

耐熱塗料をスプレーする前に、パーツクリーナーで傷部分の脱脂を行います。 次に下の写真のように、簡単にマスキングテープと新聞紙、ダンボールで部分的にマスキングをしました。
2023_0527-1002.jpg

マスキングした後、耐熱スプレーを吹きます。 速乾性の塗料なので、時間を開けて3度吹きしました。 乾燥時間の後、マスキング部分を取り外した写真が下になります。
2023_0527-1003.jpg
塗料を吹いた段差が見えますが、普段はまったく見えない所なので、ノープロブレムです。 とにかく錆びてしまわないよう、早めに処置したくてこういう対策を取りました。 ソフト99の耐熱スプレーですが、ほんの少しだけしか使いませんでした。 が、残りは自宅の薪ストーブの天板や煙突のリペイントに使おうと思ってます。

その日の午後、レブル1100Tを購入したホンダドリームへ行き、1ヶ月点検を受けてきました。 1ヶ月点検を待っている時に、店内で待っていた時の写真。

5月25日に発売になった、レブル500の派生車のCL500。 スクランブラースタイルのバイクですね。 実物は結構質感が良かったです。 リヤサスはちょっとチープかもしれません。
2023_0527-1004.jpg
しかし新車ですが、値段が高くなりましたね。 CL250等の250ccクラスで60万円台、CL500だと80万円台、下のXL750トランザルプだと126万円です。 GB350は56万円、GB350Sは60万円ですから、中型免許の車両で人気があるのも分かりますね。 私もGB350は気になるなあ。

大型バイクの価格帯だと、現行のNC750Xはマニュアルシフトで92万円、DCTで99万円なのはかなり安く感じます。 NC750Xですが、グリップヒーターとETC2.0が最初から装備されているのでお得感があります。 NC750Xは派手さはないですが、良いバイクだと今でも思いますね。 

こちらがXL750 トランザルプ。 車格はかなり大きめです。 シート高も高かったですね。 ホンダドリームの社長さんが、CL250、CL500、XL750トランザルプは試乗車兼レンタルバイクになると言ってました。
2023_0527-1005.jpg

レブル1100の2023年新色のメタリックグレー(正式名称イリジウムグレーメタリック)。
2023_0527-1006.jpg
この色でレブル1100Tがあれば、黒ではなくこちらを選んだかも知れませんね。 カタログでは地味な色だなあと思ってましたが、実車で見るとシックで非常に良い色だと思いました。 海外仕様ではブラウンとかグリーンもあるんですけど、なぜ故に日本で発売しないんですかね?

一ヶ月点検は30分ほどで終わりました。 オイル交換は自分で先週やったので、各種調整だけでした。 

バイクに入れるオイルですが、色々な考え方があると思います。 一つはメーカー指定の純正オイル(ホンダだったらホンダウルトラG1)を入れれば間違いないとは思いますね。 

私は以前、別冊モーターサイクリストの「追跡」という記事の対談コーナーで、ホンダの朝霞研究所に所属していたNC700シリーズの開発主任の方に直接お話を聞けた時があります。 その時、対談で他のNC700Xオーナーさんが「ホンダのバイクはスーパースポーツからスーパーカブまで、純正オイルはすべてホンダウルトラG1なのはどうしてなんですか?」と聞いていました。

その時の答えとして、「オイルは好きなものを入れてもらってもまったく問題ありません。 日本で売っているオイルであれば、どれを入れても大丈夫です。 ただし、DCT車両に関しては、DCT制御を油圧で行っているので、にあまり粘度の低いもの(0W-20等)を入れてしまうと、トラブルになります」と言っていました。  

意味合いとしては、メーカーではワールドワイド規格でバイクを設計しているので、世界中で売っているオイルのなかではかなり粗悪なオイルも想定されているようです。 なので、エンジン開発でもオイルの良し悪しで壊れないよう、かなりマージンを取って大丈夫なよう設計しているようですね。 なので、ストリートユースのツーリング目的の場合、特に入れるオイルがどれが良いか等は神経質にならなくても良いみたいですね。

なので、私はそれからオイルはコスパで決めるようになりました。 もちろんサーキット走行会に頻繁に行くような方は、オイルも吟味して入れたほうが良いと思いますが、私のような一般ツーリングライダーでは、市販のバイク用オイルで粘度がそれなりのもの(5W-30以上)を入れておけば十分かなと思います。

一ヶ月点検の後ですが、ついでに久しぶりの峠に行ってきました。 そう、高校生の時にたまに行っていたあの走り屋スポットです。 懐かしい場所に行った記事はまた次回でご紹介します。


[ 2023年05月30日 17:00 ] カテゴリ:ホンダ Rebel1100T DCT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメント欄書き込みの際、下記の点をご注意願います。

・無記名での書き込み
・感情的なだけの批判、罵倒、悪口等
・コメントを公共の場と認識していない、乱雑な態度の書き込み
・ブログの記事内容に関係が無い、宣伝目的のスパム的な書き込み

コメントを頂いた際、上記のような書込であると管理人が判断した場合、非公開もしくは削除させて頂く場合がございます。
くれぐれも、公共の場であるという認識と、節度ある文章を心がけて頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Ads
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 04月 【11件】
2024年 03月 【16件】
2024年 02月 【14件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

カテゴリ
FC2カウンター