I'm on my way [Season 2]

不定期更新!バイク&趣味のブログ [HONDA Rebel1100T]
I'm on my way [Season 2] TOP  >  Rebel1100Tツーリング >  奥多摩周遊道路プチツーリング

奥多摩周遊道路プチツーリング

5月28日ですが、レブル1100Tを購入したホンダドリームで1ヶ月点検を受けた後、その足で奥多摩周遊道路に走りに行ってきました。 ホンダドリームで点検を受けた後、何処か走りたいなと思っていたのですが、あまりアクセスしない奥多摩周遊を久しぶりに行きたいと思っていました。

奥多摩周遊道路ですが、私が高校時代に走り屋小僧だった頃はたまに行っていた場所です。 当時の走り屋スポットで、東京近郊では大垂水峠と奥多摩周遊道路が2大走り屋スポットでした。

奥多摩周遊道路ですが、私は山梨県西部の八ヶ岳山麓に住んでいるため、甲府を挟んで反対側の奥多摩には、あまり行く機会がありません。 甲府の街中を通るか、中央道で一宮御坂まで出ないとアクセスしづらい場所なので、それだったら渋滞もなくすぐにアクセスできる長野方面に行ってしまいます。 なので、奥多摩はほとんど走らない場所なんですよね。 

当日ですが、ホンダドリームからは一路塩山を目指します。 ナビをセットして、山梨学院大周辺から140号の自動車専用道路で塩山駅まで行き、そこから一路国道411号線で柳沢峠を目指します。

塩山から411号線の柳沢峠を走ると、40年前と違ってかなり高規格な走りやすい道路になりましたね。 Youtubeバイク動画のMotoBasicさんでも、新車のレビュー動画では柳沢峠をよく使ってます。 登りの中高速コーナーを、ルンルン気分で走りました。 それにしてもレブル1100Tですが、1100ccの分厚いトルクで、登りでもガンガン加速します。

小学校からの付き合いのある友人で、現在はチャンピオンイエローのスズキ V-Strom650XTを乗っているイガちゃんが、昔に新車のRZ250Rで柳沢峠の下りで転んでしまった場所は、現在もう何処だか分からなくなってしまいました(笑)。(イガちゃん、古傷を思い出させてしまってゴメン(笑))。 あの時はびっくりしたなぁ~。 ノリちゃんのFZ400R、イガちゃんのRZ250R、私のXJ400Z-Sと、皆当時はヤマハ車だったなぁ。

柳沢峠の頂上にある柳沢茶屋からは、今度は下りコーナーが続きます。 レブル1100Tでのんびり走っていたのですが、左コーナーではステップとサイドスタンドパッドを何度か擦ってしまいました。 左側通行の左コーナーは必然的にカーブのRがキツくなるので、ステップを擦ってしまいますね。 ブーツのソールが左右接地してしまうこともしばしばでした。 

途中、超有名な心霊スポットの花魁淵の辺りを過ぎます。 花魁淵とはこんな所です。 ちなみに去年大阪から山梨に引っ越してきた20代の人と知り合った時、その人から「山梨って心霊スポットがたくさんあるのを知ってますか?」と聞かれました。

私はその人に言ったのですが、
「私は、自分の車とガソリン代を使って、わざわざ怖い体験をしに行かなくても、自分の自宅では奥さんがとてもおっかないので、お金を使わなくても毎日怖い思いを沢山できます。 なので、わざわざ時間とお金を使って車で心霊スポットに行く事には、まったく興味がありません」
と言ったら笑ってもらえました(笑)。

411号線をそんな感じで気持ちよく走っていたら、途中で警察官に停められました…。 やばい、スピード違反で捕まってしまうのか??と思ったんですが、その先を見ると…「スズキのスイフトスポーツと、マツダのRX-7(FD3S)がガードレールに刺さっていた…」。 いや~やっちゃったね。 ご愁傷さまです。 気持ちは分かるが、やはり公道では無理は禁物だなぁ…。

そんなこんなで、道の駅丹波山で休憩。 
2023_0527-2001.jpg
天気の良い5月なので、バイクが沢山居ますね。 KTMのRC390、この辺りでは楽しそうだなぁ。 やはり奥多摩なので、神奈川や東京のナンバーのバイクが多いですね。

そして奥多摩湖を渡る深山橋から、奥多摩周遊道路に入ります。 のっけからパトカーが来てました。 奥多摩周遊道路は今でも車やバイクの走り屋が集っているので、取り締まりも多いみたいですね。

奥多摩周遊道路に入ると、やはり車、バイク共に走り屋ガチ勢をかなり見ます。 なんか昔を思い出して懐かしいなあ。 途中ホーネット250に抜かされましたが、ほぼ直管で凄い良い音してたなあ。 それにしても、奥多摩周遊道路に久しぶりに来ましたが、路面がよく補修されていて走りやすいですね。 この路面状態は、色々な峠道を走っている中でもトップクラスの状態の良さです。 走っていて楽しいですが、あくまでも常識的に楽しむ走りが良いと思いますが…。

そして、昔からのギャラリーコーナーである月夜見第一駐車場で休憩。
2023_0527-2003.jpg
色々なバイクや車が見られて楽しかったです。 懐かしかったのが、スカイラインのR31GTS-Rを見られました。 スカイラインR32GT-Rの前の車両ですが、グループAでも走っていた車両で、あの四角いエッジの立ったボディがかっこいいなぁ。

とりあえず、月夜見第一駐車場から見える奥多摩湖を撮ってみた(笑)。
2023_0527-2002.jpg

喉が渇いたので、檜原都民の森まで行って休憩しようと思い、檜原都民の森に停めようとすると…!。 バイク駐車場がバイクで溢れていた!
2023_0527-2004.jpg
後から後からバイクが続々集まってきます。 私のレブル1100Tの隣に停めた、CBR250RR(4気筒のMC22)ですが、当時の走り屋の雰囲気ムンムンで良かったなあ。 昔のVFR400R(片持スイングアームのMC30)も居ましたが、当時のレーサーレプリカはかなりコンパクトですね。

MC22の隣のハーレーのオジサンですが、ふと見るとダメージジーンズを履いていました。 何と股関節のあたりも破けていて、オジサンが履いているパンツ(妙な柄パン)がチラチラ見えてたのを目の当たりにしてしまい、非常に損した気分になりました…(苦笑)。 これが若い女性だったらとても良い気分になったのに、オジサンのパンツを不覚にも見てしまうとは残念無念…(笑)。

やはりオジサンたるもの、清潔感は大事にしないとなと思いました。  ハーレーのオジサン、そのダメージジーンズは今すぐ捨てなさい!(笑)。

ここでジュースを買って、売店で売っていたくるみ味噌のお団子を買って食べました。 奥多摩周遊道路ですが、自転車、ハイキング客、家族連れのミニバン等、休日は様々な人が集うので、やはりここで命を削るような走りはしないほうが良いと思います。 確かにガチで走りを楽しむのも分かりますが、やはりマージンは十分取ってそれなりに走ったほうが良いですね。

この檜原都民の森から、もう一度奥多摩側の方に走り、帰路につきます。 偶然ここに来る時に縦走していた白のトヨタ86と一緒に走りましたが、スポーツマフラーを入れていて走り屋の雰囲気がありました。 丁度、前の車がいなくなって86がかなりのスピードで走り出したので付いて行きましたが…「やっぱり車は速い」(笑)。

車は多少の路面の傷みもあまり関係ないので、心理的に余裕があります。 公道のワインディングで走り出したら、バイクは瞬間のテンションが続きません(笑)。 なので、やはり車のドライバーのほうが心理的に余裕を持って走れますから、結果的には車のほうが速いとおもいますね。 でも、そのトヨタ86のドライバーですが、遅い車に引っかかっても無理に抜かすことはしなく、前とちょっと距離を取ってから、その先のコーナーでコーナーワークを楽しんでいたりしたので、大人な走り屋だなと思いました。

帰りは元来た道をそのままトレースして帰りました。 自宅近くのガソリンスタンドでガス補給したら、燃費が21km/L。 行き帰りの甲府の渋滞があったので、それで燃費が悪くなったのかなあ…。

本日の走行距離、218km 本日までのODO 1572km。 レブル1100Tを買ってから、結構なペースで走ってしまいますね。 楽しいからしょうがないか(笑)。

[ 2023年06月01日 17:00 ] カテゴリ:Rebel1100Tツーリング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメント欄書き込みの際、下記の点をご注意願います。

・無記名での書き込み
・感情的なだけの批判、罵倒、悪口等
・コメントを公共の場と認識していない、乱雑な態度の書き込み
・ブログの記事内容に関係が無い、宣伝目的のスパム的な書き込み

コメントを頂いた際、上記のような書込であると管理人が判断した場合、非公開もしくは削除させて頂く場合がございます。
くれぐれも、公共の場であるという認識と、節度ある文章を心がけて頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xからレブル1100T DCTに乗り替えた中年ライダーです。Season2は気ままに更新しますので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ(タブ)

2024年 02月 【12件】
2024年 01月 【16件】
2023年 12月 【15件】
2023年 11月 【15件】
2023年 10月 【17件】
2023年 09月 【18件】
2023年 08月 【15件】
2023年 07月 【16件】
2023年 06月 【15件】
2023年 05月 【18件】
2023年 04月 【15件】
2023年 03月 【15件】
2023年 02月 【13件】
2023年 01月 【16件】
2022年 12月 【15件】
2022年 11月 【18件】
2022年 10月 【15件】
2022年 09月 【14件】
2022年 08月 【3件】
2022年 07月 【6件】
2022年 06月 【2件】
2022年 05月 【2件】
2022年 04月 【5件】
2022年 01月 【1件】
2021年 11月 【3件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【12件】
2021年 07月 【11件】
2021年 06月 【9件】
2021年 05月 【12件】
2021年 04月 【2件】
2021年 03月 【5件】
2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【9件】
2020年 06月 【1件】
2020年 04月 【5件】
2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【26件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【28件】
2015年 03月 【29件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【29件】
2014年 12月 【29件】
2014年 11月 【28件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【28件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【25件】
2014年 02月 【26件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【27件】
2013年 07月 【29件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【28件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【29件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【28件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【26件】
2011年 12月 【26件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【26件】
2011年 07月 【30件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【28件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【21件】
2010年 10月 【28件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【20件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【24件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【19件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター